検索
  • tserita

【長谷川ゼミ現役生の群像No.15】

個性豊かなWBS長谷川ゼミの現役生を紹介します。 今回は修士1年生の 板垣昌之 さんです!

①経歴: 新卒で赤坂の真木法律事務所に入所。バブルの真っただ中で、舞台の真ん中で踊る人と袖から落下する人の人間模様を目の当たりにする。1990年家業の(株)板垣鉄工所に入社後、総合中堅メーカー・商社の(株)角藤に出仕し、3年間鉄骨の品質管理に従事。その後アメリカ大使館の設計監理をしたLAのジョー・カーリーの構造設計事務所に学ぶ。帰国後(株)板垣鉄工所に戻り、営業端を続け、2002年から同社代表取締役 ②現在の仕事内容: 弊社(株)イタガキは創業151年の建築鉄骨加工を主とする中小企業で(昨年社名を変更)、本社は山形ですが、東京スカイツリーなど都内の大型物件をメインに大手企業と取引しています。成熟産業をどう再創業するかの課題を抱えて、経営全般に取り組んでおります。 ③WBSで印象的な授業: 「ファミリービジネスと国際化」(長谷川先生/米田先生)の授業では、チームは米・中・日の連合軍になり、エキセントリックな課題をこなしました。初めはどうなるのかと思いましたが、時間とリモート上の制限がある中で、目標に向けて互いの個性がにじみ出る協働作業となり、素晴らしい経験ができました。 ④長谷川ゼミに入って良かったこと: ハイレベルな異能集団でのネットワーク力。違う考え方から受ける刺激とコラボレーションの無制限な放出 ⑤今後の人生: WBSに入るために、地元の公職はすべて辞めてきました。卒業後は事業継承の人材育成と、故郷山形県庄内地域の発展のために何事か為したいと思います。モットーは「人の役に立つことを楽しくやる」です。 https://www.wbs-entre.com/ https://www.facebook.com/wbs.entre #長谷川博和 #アントレ #早稲田大学 #ビジネススクール #入試 #ファミリービジネス #新規事業 #ベンチャー


1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示