主な活動

​長谷川ゼミの活動紹介です。

長谷川教授とゼミ生が一体となって、様々な活動を実施しています。​

大企業の新規事業

早稲田大学ビジネススクールとSAPジャパンの共同プログラムとして、 「ミドルからの変革プログラム」を開催予定です。

​ゼミ生も多くのパートで執筆・調査・分析を共に行っております。

有料版プログラム開催に先立ち、 2022年6月23日(木) に行われた、本プログラムのお披露目セミナー(無料)の一部の動画を紹介致します。

 

 プログラムHPはこちら: https://www.waseda.jp/fcom/wbf/educat...

 

【プログラム概要】

激動の時代、旧来の事業や組織のモデルから脱皮できずに低成長、低収益に悩む企業は少なくありません。そうした状況から収益を伴う高成長トレンドへと変革していくためには、何を、どのようにするべきなのか? この問いに多くの経営層やビジネスパーソンが悩み、自問自答を繰り返しています。この解の一つは、企業の中核を支えるミドルマネジメント(以下、ミドル)層が意識改革をして自ら変わり、行動し、結果を出すこと、にあるのではないでしょうか。企業としても、現場とトップの間をつなぎ、最前線で事業を推進していく存在として、ミドル層に期待するところは大きいはずです。 本プログラムでは、社内外でのポジション的なパワーが少ないミドル層が、会社を変えていくために必要な方法論を可能な限りわかりやすく、実行しやすく紹介し、実践と理論に立脚した方法論を説明します。悩めるミドル層が勇気を持って実行の一歩を踏み出し、そして継続してくれると信じています。 詳細はプログラムHPをご参照ください。

 

 

※画面に表示される事前・事後のアンケート用QRコードは、セミナー当日に使用したものです。現在無効となっておりますのでよろしくお願いいたします。

41HC64lCKyL._SX343_BO1,204,203,200_.jpg

ファミリービジネス

ファミリービジネスの永続と発展について、早稲田大学 経営管理研究科(ビジネススクール WBS)長谷川博和教授と米田隆教授が討議しています。一族のライフサイクルモデル、ファミリービジネスのコープレートガバナンス、守りのガバナンス、攻めのガバナンス、ファミリービジネスのスチュワードシップ、受託者責任、HERMES、六代目CEO アクセル・デュマ、ファミリーオフィス、早稲田大学のファミリービジネス経営革新プログラム、事業承継、相続、などについて語っています。早稲田大学 国際ファミリービジネス総合研究所としての活動です。早稲田オープン・イノベーション・フォーラム2022に投稿した動画です。

ファミリービジネスの永続と発展

ファミリービジネスの重要論点

最近の活動内容の詳細

対外活動