top of page
検索
  • 執筆者の写真tserita

【長谷川ゼミ現役生の群像No.38】

更新日:4月14日

個性豊かなWBS長谷川ゼミを紹介します。 本日は、平本信敬さんです!


平本信敬

①経歴

前半は「変化を捉える」ことを仕事にしてきました。日本経済新聞社の記者として経済政策と企業の経営を取材・執筆してきました。取材班として連載した『データの世紀』は新聞協会賞を受賞しています。

後半は「変化を生み出す」側にモードチェンジしています。新規事業開発、経営計画の策定、M&A戦略等に携わってきました。


②現在の仕事内容

戦略コンサルタントとして活動しています。


③WBSで印象的な授業

WBSではゼミや授業の思い出に加えてJBCCが印象に残っています。日本最大のケースコンペティションで、現役MBA生700人超が参加する大会です。

スタートアップファクトリーのメンバーや後輩を巻き込んで作ったチームで予選、準決勝、決勝と進み、幸運にも優勝して文部科学大臣賞までいただきました。

ゼミのみんなも決勝の中継を見ながらたくさんメッセージをくれて、とても励みになりました。


④長谷川ゼミに入ってよかったこと:長谷川先生はネットワークもユーモアもたっぷり。歴代ゼミ生の縦の繋がりと、同期の横のつながりの絆も太くしなやか。同期チャットで毎日のように励まし、笑い合うのが修論に向けた心の支えでした。


⑤今後の人生:変化をおそれず、変化にひるまず。クリエイティビティと信念を持って、生きるに値する世を作っていきたいと思います。


平本信敬

閲覧数:279回0件のコメント

最新記事

すべて表示

留言


bottom of page